アフリカのエチオピアにおける子どもの貧困を解決する活動をしています。


急激な経済発展が進む一方で最貧国の一国とされているアフリカのエチオピアの都市部では、社会構造や家庭の問題で路上生活をせざるを得ない「ストリートチルドレン」と呼ばれる子どもたち。私たちむすびめワークスは、首都のアディスアベバにおけるそのような子どもたちの救援と路上への流出予防につながる働きを、エチオピアと日本の相互協働によって支援をしています。

Dream to Shine free school

村の子どもたちの教育支援

WFD登別×エチオピア

スペシャルティコーヒー販売


登別Xエチオピア スペシャルティーコーヒープロジェクトが貢献できるSDGs


■私たちの観点と特徴


これまでの国際協力における貧困支援とは異なり「相互学習」の考えを大切にしています。工業先進国から開発途上国に向けた一方通行な支援や、企画を達成するための人材の確保またトップダウン式でのプロジェクト進行ではなく、両国のリーダーたちのオーナーシップ(当事者性・主体性)を軸に互いの能力を認め合いながら共に労を担い、既に互いが持っている人材・物資・知識・予算などの資源を提供し合いながら活動を進めています。

また、その活動を通して発見する国や文化・考え方の違いから共に学び合うことで、よりよい社会と共に喜び合える世界づくりを目指しています。


 

 ■日本とエチオピアの両国でプロジェクトが動いています。

 

激動する世界の問題は様々な形で複雑に絡み合い、ひとつの方法が必ずすべてにおける解決に繋がるとは言えず、正と負の両側面を兼ね備えていることと思います。
私たちは問題に対して直接的なひとつの側面からアプローチするのではなく、オーナーシップを持って取り組む協働者たちが自分たちの経験や持つ知識・仕事に繋がることなど、「実現不可能なことではなく、いま自分にも出来ること」を考えて実行することで持続可能な形でのプロジェクトを立ち上げて、動き出しています。


日本での活動


エチオピアと日本が相互に理解・協力しあう関係づくりと、

人と人と文化と文化を繋ぐ、祝福の空間(居場所)づくり を目指しています。

イベント開催・出展

コーヒー発祥の地エチオピアのコーヒーや文化を楽しんでいただけるような、イベントやワークショップを開催しています。(自主開催と、外部イベントへの出展・出展など)

エチオピア活動報告会

エチオピアで行っている取組みの報告会を日本各地で行っています。

世界食料デー登別大会

1984年に発生したエチオピアでの干ばつによる大飢饉(犠牲者100万人)を支援するために始まった市民活動。毎年『世界食料デー』(10月16日)に合わせて「世界食料デー登別大会」を開催し、エチオピア支援と世界食料デーの啓発活動、世界の貧困と飢餓の克服を市民に呼び掛ける活動を行っています。


コーヒーと文化

コーヒー発祥の地エチオピアのコーヒーや文化を楽しんでいただけるような、イベントやワークショップを開催しています。(自主開催と、外部イベントへの出展・出展など)

アクセサリー販売

エチオピアの子どもや女性の貧困を改善する活動や教育支援につながる商品の販売

タイアップ商品企画販売

団体や企業と協働で、エチオピアの支援に繋がる商品の販売をしています。